逓増定期

逓増定期
逓増定期とは、契約時の保険金額が、年を経るごとに一定金額まで増加していく保険の事を言う。

保険料は平準化が図られているので、加入初期は平準定期保険より割高となるが、保険期間の終了間際には割安となるシステム。責任準備金が積み立てられる形になるため貯蓄性も有する。

会社の社長や経営者が利用する事もあるようです。興味がある人はネットで検索してみると逓増定期について、詳しく知ることができます。

逓増定期とよく比較される言葉に、逓減定期がある。逓減定期とは、契約時の保険金額が、年を経るごとに一定金額まで減少していく保険の事を言う。

子供の養育費用、住宅ローン団体信用生命保険などの借金といった、責任・債務の減少に沿って保険金額を減らす事ができるため、合理的とみなされることさえあるようだ。

保険料は一定であり、平準化が図られているため、加入初期のうちは平準定期保険よりも保険料が割安になるシステムとなっている。

様々は保険の種類がありますが、それぞれにメリットとデメリットがあるので、良く見極めて自分のニーズに合う保険に加入するようにしましょう。