サムネイル

縮小された画像のことを指します。
1ページ内に多数の画像が表示される場合、サイズの大きい画像ばかりでは見にくく容量も大きくなってしまうので、縮小されたものを利用するのが一般的です。

もともとは「親指(サム)」「爪(ネイル)」という意味ですが、WEB業界においてはそういった意味で用いられます。

SEO的にはWEBページの1ページあたりの容量を抑えることが望ましく、それはユーザーにとっても「早く表示される」という面で望ましいことです。

サムネイルをクリックしたときは拡大画像が表示されるのが一般的ですが、最近は様々な効果をつけて拡大写真を表示できるようになっており、デザイン性という面でもサムネイルはよく用いられています。