ストロングタグ

HTMLタグの一つで、強調するときに利用します。

ストロングタグでマークアップされた文言は太字で表示されますが、同じように太字で表示するHTMLタグに<B>というものがあります。

この二つのタグの違いは、<B>は単に「太字」を表現するのに対し、<strong>は「強調」を意味しますので、SEO的には<strong>でマークアップした文言をクローラーに強くアピールできるとされています。

しかし、過剰なマークアップは反ってスパム判定の原因になり、使い方を誤ると取り返しのつかないことになる場合もありますので、あくまで自然に、無理なマークアップをしないことのほうが大切だと思います。

<strong>でマークアップすれば上位表示されるのかというとそうでもないですし、逆に全く<strong>タグを使わないサイトでも上位表示されているサイトはたくさんあります。