ストロングタグ

HTMLタグの一つで、強調するときに利用します。

ストロングタグでマークアップされた文言は太字で表示されますが、同じように太字で表示するHTMLタグに<B>というものがあります。

この二つのタグの違いは、<B>は単に「太字」を表現するのに対し、<strong>は「強調」を意味しますので、SEO的には<strong>でマークアップした文言をクローラーに強くアピールできるとされています。

しかし、過剰なマークアップは反ってスパム判定の原因になり、使い方を誤ると取り返しのつかないことになる場合もありますので、あくまで自然に、無理なマークアップをしないことのほうが大切だと思います。

<strong>でマークアップすれば上位表示されるのかというとそうでもないですし、逆に全く<strong>タグを使わないサイトでも上位表示されているサイトはたくさんあります。

seoにおけるランクブレインの重要性

Googleの公式の発言として、ランクブレインはseoにとって3番目に大切な事とされています。Googleはランクブレインによって、検索バーに入力した単語について、そのまま結果を表示するのではなく、単語の持つ意味を理解したうえで、最適な検索結果を表示することができます。

例えば、「日本」「首都」で検索すると、「東京」について書かれたコンテンツが表示されるという風にです。この機能がなければ、「日本」「首都」での検索結果の上位に来るのは「東京」ではなく「日本」と「首都」という表現が入った文章となり、seoは達しないということになります。

seoのランクブレインシステム

企業の多くが、自社のホームページをたくさんの人に見てもらうために、seoを活用しています。検索エンジンは非常に便利で、調べ物で利用したことがある人がほとんどでしょう。しかし、検索したいものなどを忘れてしまうことも時にはあって、そのような時に役立つ仕組みとして、ランクブレインが開発されました。

例えばアメリカの首都がどこか思い出せなくても、アメリカ 首都などキーワードを入力すれば、意味を理解してワシントンDCと結果が出てくるのです。そのため、企業のseo対策としてもランクブレインは重要な位置に定まっています。

seo対策におけるランクブレイン

seo対策は、検索結果の中で自社サイトを多く露出させる対策のことです。検索エンジン最適化などと呼ばれることもあります。日本の検索サイトはヤフーとグーグルが代表的なものですが、ヤフーはグーグルの検索エンジンを借りているので基本的にグーグルの対策をすれば大丈夫でしょう。

そこで検索ランキング決定要件として3つの要素が重要といわれています。一つ目がリンク、二つ目がコンテンツ、そして3つ目がランクブレインです。ランクブレインはグーグルが導入した人工知能システム、あるいは機械学習システムです。そのおかげであいまいな言葉でも検索に引っかかりやすくなりました。

ランクブレインとseo対策

普段インターネットで調べものをするとき、どんな風にサイトを閲覧していますか。多くの人は調べたい単語を入力し、検索結果の上から順に閲覧していくでしょう。つまり、検索結果上位にサイトが表示されるというのは、アクセス数を獲得するにあたり非常に重要なポイントとなっています。

より上位に表示するために行う取り組みのことをseo対策と呼びます。一方、google社ではより有益な情報が表示されるように調整を行っていて、そのひとつが人口知能ランクブレインです。検索クエリの一部の処理を任されており、検索結果において3番目に重要な要素といわれています。

seo対策のキーワード