相互リンク

相互にリンクすること、つまり異なるサイトの間でお互いにリンクを貼り合うことを指します。

ページランクを高める為には有効とされていますが、それもアルゴリズムによって異なり、過剰な相互リンクはリンクファームというスパム行為と認定されてしまう可能性があるので注意が必要です。

サイトを運営していると相互リンクを申し込まれることも出てくるかと思いますが、相手のサイトがどういったサイトなのか、どれくらいの数の相互リンクをしているのか、どういった目的で相互リンクを希望しているのかなどを理解した上で判断すべきだと思います。

お互いに相手のサイトをオススメしあうという行為自体は決して悪いことではありませんが、その目的がページランクを高める為であれば、それは検索エンジンに気付かれペナルティを受けてしまうかもしれません。

もしseoランクブレインがなかったら

最近では自分がその単語について全て知っていなかったとしても、キーワードさえ覚えていればそのまま検索することができます。それはランクブレインと言われるseoの一つが入っているためです。もしこちらが入っていなかったら、単語のフルネームを知っていなかったら検索することすらできなかったのです。

今では考えられません。こちらはサイト運営側としてもそうで、キーワードで自分のサイトを拾ってアクセスしてくれる人が増えます。正解しかわからない人がくるよいもはるかに多い人がくるのは確実です。しかし正解を知っている人しか来ることができない場合にはアクセス数は半減してしまいます。

seoランクブレインがなかったら

seoランクブレインという人口知能がなかったたら検索サイトはどのようになっていたのでしょうか?正しいキーワードしか拾わないということですので、例えば似たような単語を打ち込んだとしても検索結果が0ということになります。

そうするとまずその正式な名前を調べる所から始めなければならないのでとても手間がかかってしまいまうし、サイトを運営している側としてもキーワードを拾わず、正式な名称しか拾わないのでは困ってしまいます。お互いのためにも優秀な人口知能であるランクブレインが入ってくれてよかったということになりますね。

seo対策、ランクブレインにはどうする

検索サイトで情報を検索すると、いとも簡単に結果が出てくるように感じますが、様々な工夫が施されています。中でもランクブレインは、結果が出る直前に働きます。人工知能の一種なので、常にデータを蓄積して学習し続けます。サイトの運営者は、seo対策としてできることをするだけです。

それは、内容が充実していることに尽きます。グーグル側も、意味のない検索結果が出てしまっては利用者の満足度に関わると考えています。そのため、ペンギンアップデート、フレッドアップデートといったシステムの更新を継続しており、検索結果が更新の度に上下しています。

seoランクブレインが入ったことによって

seoの一つであるランクブレインですが、実はこちらが入ったことによってサイト運営している人にとっても沢山のメリットがあったのです。その内の一つが単語での検索ができるようになったことです。

今までは単語を検索する時に全ての単語が合っていないとその情報を引っ張ってこなかったのですが、最近では関連する単語を調べることによって、その情報を引っ張ってくることができるようになりました。例えばとあるカフェを調べたいけれど名前を忘れてしまったという時には、そのカフェに関するキーワードを入れる(場所、雰囲気、特徴など)ことで、そのカフェに関する情報を拾ってくるのです。

seo対策のキーワード