titleタグ

ところで、そのサイトの効果を上げるために行うSEO対策の中でも効果を認められているのが、titleタグです。

これは何かというと、HTML文書内にあるtitleタグをいじることで、アクセス数が数倍にも上げることができるのです。

そのタグを重視する理由はいろいろありますが、titleタグはそのHTML文書の中に何を書いてあるかということをまとめたものなので、中身を知るためにも重要なタグとされているのです。

HTML文書の中にはいろいろなことを記述することができますが、その中でも全く関係のないことをいろいろ書き散らかすということはないかと思います。

タイトルに指定したテキストによって、やってくる人が全く違うということは少なくないものです。

seoを熟知した上でのランクブレイン

ランクブレインはseoの知能的な部分であることが伝えられていて、ユーザーが検索をおこなううえで動きやワードを予測し、検索結果につなげるような仕組みになっています。この仕組みについては、インターネットを利用するうえで非常に便利になったことがあげられます。

ランクブレインについては、多くのメディアで取り上げられている人工知能になりますので、今後においても発展してくことでしょう。このようなアルゴリズムを開発しているGoogle社は、ユーザーの使いやすさを一番にあげていますので、今後においても利用しやすくなっていくことが言えるでしょう。

ランクブレイン導入によるseo対策

google社では、より快適なインターネットライフを実現するために日々検索結果の精査を行っています。その手段のひとつとして導入されたのが、人工知能のランクブレインです。ランクブレインは検索クエリの一部の処理を担当していて、コンテンツ解析のほか、ユーザーが閲覧したページの滞在時間や訪問頻度、商品名などの理解に至るまでを自動学習しています。

これまで重要とされていた被リンク、コンテンツの充実と併せて、seo対策において三番目に重要な要素とされています。制作したサイトのアクセス数を向上させるうえでも、見過ごせない存在です。

ランクブレインとseoと対策

ランクブレインはseoのアルゴリズムの一つですが、実際にこれに対する具体的な対策は特に打ち出されていません。なぜならこちらは検索の結果を調べて人に教える処理のお手伝いをしてくれる人口知能で、検索の順位には特に絡んでいないからです。そのため具体的な対策を考える方が難しいのです。

一番の対策はランクブレインにこだわるのではなく、基本的なサイト作りです。全てのことに通じることでもありますが、どんな人が見ても楽しいサイト、ためになるサイト、何か新しい情報を得ることができるサイト作りを日々考えていれば自然と検索結果も上位に入ってくることと思います。

ランクブレインとseoってどういう関係?

ランクブレインという言葉を聞いたことがありますか?こちらはseoの一つでアルゴリズムの一つと呼ばれているものですが、他のアルゴリズムと少し異なっており、検索結果に影響するようなものではありません。簡単に言ってしまえば、検索する時に処理をお手伝いするための人口知能のことを指します。

実はこちらは使用している人が検索をすればするほど、どんどん新しい単語を覚えていくような仕組みになっており、日々成長を続けているアルゴリズムなのです。今後もっと様々な機能を持つことを期待されているシステムで、どちらかというとAIなどの仲間の方が感覚的には近いかもしれません。

seo対策関連