SEOの基本

SEOと聞くとプロや技術者を思い浮かべる人は多いでしょう。

しかし、SEOは決してプロだけのものではなく素人でも対策を施すことができます。

プロや技術者の行う対策に比べると、効果は薄れてしまいますが基本事項をおさえた対策をするだけでもそれなりの効果を出せるのがSEOです。

未経験者だからといって対策をしないことが一番の間違いで、ウェブサイトなどで初歩的な対策を勉強して、サイト制作時にそれらを組み込んでみてはいかがでしょうか。

同じ未経験者の作ったサイトでもSEOの基本事項を盛り込んだサイトとそうでないサイトでは明らかにアクセスの差があらわれるでしょう。

ランクブレインを対策してseo評価に導く

Googleの新たなアルゴリズムとして導入された「ランクブレイン」は、seoの評価にどんな影響を与えているのでしょうか。ランクブレインの特徴としては、検索クリエにて入力されたキーワードを、関連付けることで学習しています。

それにより、曖昧な単語の羅列でも瞬時に処理をして、メインキーワードを導き検索結果として反映します。seoの評価として少しでも効果を得たいのであれば、メインキーワードと一緒に設定できるサブキーワードを決めておくことでしょう。そうすれば、メインキーワードに関連性を導き出せるので、自然に評価が上がります。

ランクブレインは直接seoに関係しない

検索エンジンの検索窓に入力した単語で、どうやってメインキーワードに導いているかというと、それには「ランクブレイン」という人工知能が関係しています。このランクブレインは、検索窓に入力された単語(通称:検索クリエ)の関連性を自分で学習し、メインキーワードを導き出します。

導入当初では、この学習を人間の手を借りて行っていましたが、現在では自分で学習する能力が備わっています。この人工知能は、seoに直接影響するのでしょうか。実際に、検索クリエの処理をしているだけなので直接は影響しませんが、メインキーワードを性格に設定していなければ、評価が上がらないことで関係してきます。

ランクブレインにseoが通用しない場面

行っている方法が通用していけばいいですが、通用しない場面も当然生まれてきます。通用しない場合、何らかの問題によって無視されているか、明らかに除外されるような方法が取られています。ランクブレインは、駄目なseoを除外する方法を採用しているので、行っている方法が反映されていかない場合もあります。

反映されているならいいですが、反映されないままの状態となっている場合、おそらく全く効果がありません。これによって検索順位も下がってしまうので、seoを行っても何ら効果がなかった場合は、ランクブレインに通用していないと思ってください。

seoの要はランクブレインの攻略にあり

seo対策の基本は検索に引っかかりやすいサイトの最適化を行う事ですが、その最適化を行うためには検索のアルゴリズムを熟知している必要があります。中でも、グーグル検索で用いられているランクブレインというシステムは今後特に重要です。

ランクブレインは機械学習を応用したもので曖昧な表現等を理解し検索するたびに進化していきます。さらに学習によって微妙に異なるニュアンスの関連表現も検索結果に引き込む特徴があり、この関連性を利用して逆にサイトに誘導しやすくするという最適化も可能です。通常のseo対策に加え、システムを逆手に取った手法を活用してみるとよいでしょう。

seo対策関連