スパムフィルター

スパム行為をしているサイトを見つけ出し、検索結果から除外、もしくは著しく順位を下げてしまう機能です。

わかりやすい例えとしては、「ふるい(ろ過するもの)」をイメージして下さい。

その「ふるい」の上にインデックスされたサイトが何億と乗っていて、「ふるい」を振ったときに穴を通りぬけて下に落ちれば問題なし、下に落ちずにひっかかってしまったものはフィルターにひっかかったということです。

「ふるい」に残った(フィルターにひっかかった)サイトは何かしらのマイナス評価を受けます。

そういった「ふるい」が何重にも設けられ、それを最後まで潜り抜けたサイトの中で純粋な検索結果順位が決定されています。

フィルターにかかったからと言って検索結果から必ずしも除外されてしまうわけではなく、順位が10落ちるフィルター、20落ちるフィルターなど、いろいろなフィルターが用意されています。

seo対策において重要なランクブレイン

検索エンジン最適化と呼ばれるseoは、特定のサイトを検索エンジン上で上位に表示させることをいいます。より多くの人にサイトを閲覧してもらえる機会に繋がるため、知名度アップや宣伝などを目的としてサイトを運営している場合には欠かせない対策となっています。

そのseo対策で注意しておきたいのが、ランクブレインの存在です。曖昧な表現でも伝えたいことを推測することができるように、検索クエリが曖昧だったり、今まで検索された事が無い新しいクエリだとしても、随時自動学習を進めている人工知能がその意味を推測して、より的確な検索結果を返すことができるアルゴリズムです。

今後のseo対策に重要なランクブレイン

ランクブレインは、Googleが2015年から採用している人工知能を用いたアルゴリズムです。ユーザーが検索するときに入力する曖昧な表現が、具体的にどんなキーワードのことを指しているかを学習したり、検索結果として表示する能力があります。

すでに1日の検索結果における15パーセントがこのアルゴリズムによって処理されていると言われています。Googleはランクブレインがseoにおいて3番目に重要だと公式に発言しています。従来ではキーワードを直接文章に取り入れる必要がありましたが、これによって間接的な表現でも十分なseo対策となり得るのです。

seoとランクブレインの仕組み

seoとランクブレインの仕組みについては、人工知能の機能が大きいと言えます。この部分に関してはインターネット検索の知能の部分になりますので、ユーザーがとにかく検索しやすいように考えられています。

人工知能においては、インターネットの検索エンジンにとどまらず、多くの場所で活躍をしている新技術となり、今後においても大きな活躍が期待されています。インターネット技術については日々進化していて、そのつどアップデートを繰り返していきますので、エンジニアの方は非常に大変ですが、快適に使用できるようになっています。

seoを知った上でランクブレインを学ぶ

seoを知った上でランクブレインを学ぶ事は、インターネットの基礎を知っていくのに良い機会でしょう。インターネットについてはよく知られていますが、その仕組みについては一般の人は知らないケースが多いです。そのことから便利だけが一人歩きされ快適に使用されるようになっています。

ランクブレインについては、Google社が開発し人工知能機能が搭載されたアルゴリズムになりますので、予測しインターネット検索を快適におこなえるようにしてくれています。今後においても大きく進化していくことと思いますが、発展を楽しみにしています。

seo対策のキーワード